Sweet-pea’s diaryー大人になった先天性心疾患のブログー

大人になった先天性心疾患を持つ私が、あの頃(16~20歳頃)見つけたかったブログを書いています。どなたかの参考になりますように。PC版カテゴリのはじめにからご覧ください♬

過保護と必要保護⑥~小学生編 まとめ~

小学校の思い出を色々書いてきましたが、少しまとめてみたいと思います。

これは、私の場合なので、皆さんにどこまで当てはまるかは分かりません。

成長しようとするスピードは人それぞれです。私より早い人もいれば、遅い人もいる。

その子、その子の成長を見守り、焦らず、少しずつ芽生える自立心を、子供自身が持つ成長する力を、キャッチしてあげて欲しいなと思います。

そして、真面目な事ばかり書いていますが、

病気以外の、人生のあそびみたいな部分もとても大事だな。と最近思います。

 

小学校を振り返って 

 

○ 親主体の管理・保護から1歩踏み出す時期であった。

 

○ 自分で、自分が先天性心疾患だという事。激しい運動は出来ない。という事を簡単にだが、周囲の大人に説明出来るようになった。

 

○ 好奇心や、やりたい!という気持ちが芽生えた。

 

○ もしかしたら出来ないかもしれないけど、ちょっと無理してやってみたり、無理せずやらなかったり・・・という経験を繰り返す事で、自分の体力や自分の身体の事を知り、

〝無理をしない、疲れたら休む” の線引きを模索していた。

 

○ 病気である事や、その他事情により、〝しかっりしていなければいけない〟と思い込んでいた。

 

○ 母がしてくれた事。してほしかった事。

 

 病気のリスクの把握。

⬇︎

子供自身が成長しようとする力・自立心芽生え、みたいモノに気づく。

⬇︎

家族以外の他者の支援を信じる。

子供自身の力を信じる。

⬇︎

時に、保護の手をそっと緩め、外の世界へ背中を押してあげる。

 

※ それで、例え失敗したとしても、失敗から多くの事を学べる。

※家庭以外の場所(学校など)に、信頼出来る人を作っておくことも大事。

※時に、無理をし過ぎてないか、を気にしてあげてほしい。

頑張ろうとしている姿は笑顔で応援してほしい。

でも、辛い時や悩んだ時、他の人と比べて出来ない事が悔しい時、

そんな時は、落ち込んでもいいし、泣いたっていい、時に甘えてもいい。

という事を伝えあげてほしい。

そして、また、頑張ろうと歩き出したら、笑顔で背中を押して欲しい。